ホーム > 出来事 > 朝食の後にはヨーグルトなどの乳酸菌を食べる

朝食の後にはヨーグルトなどの乳酸菌を食べる

便秘はダイエットの大敵。

お腹が重いとそれだけで動くのが嫌になる。

便秘なら尚更で、座っているだけでもなんとなく調子が悪い気がする。

痩せたいと思ったらまず動かないといけないのに、便秘だともうそれが億劫なのだ。

とにかく、便秘を解消したい。

そのためにはまずどうしたものだろうかと思い、様々な本を読んでみた。

便秘解消にはまず水分、運動、食物繊維、乳酸菌。

そして、お腹を空っぽにすることが大事なんだとか。

お腹を空っぽにする、というのは、空腹を感じる時間を作るということ。

食物繊維は、ごぼうやさつまいも。

乳酸菌はやっぱりヨーグルトやキムチ。

お腹が空になると運動も嫌じゃなくなる。

朝一番に水を呑むように気をつけて、出来たら朝のうちに軽く運動できるように習慣づける。

運動は軽くていい。

ちょっと汗ばむくらい。

冬なら、上着が脱げるくらいに。

朝食の後にはヨーグルトなどの乳酸菌を必ず食べる。

そして、夕食は早い時間に取って、その後はもう食べない。

そうするといやでも空腹の時間が長くなる。

一日のうち三食どこでもいいので、ごぼうやさつまいもなどの根菜を一口でも必ず食べるようにする。

この習慣だけで、驚くほど便秘が改善した。

次は運動で、ダイエットだ。


関連記事

  1. 運動は途中で挫折しちゃうのが目に見えてるから

    実は最近酵素ダイエット始めたんだ。 少し前にジムに入会して運動してガツガツ痩せよ...

  2. 眠れない夜が続くというのです

    私のママ友のAちゃんは眠れない夜が続くというのです。 周りに不眠で苦しんでいる人...

  3. 朝食の後にはヨーグルトなどの乳酸菌を食べる

    便秘はダイエットの大敵。 お腹が重いとそれだけで動くのが嫌になる。 便秘なら尚更...

  4. フラッシュモブでサプライズ企画を考える

    最近、イベントでフラッシュモブをやるなんてのも多いみたいです。 一見何もない所で...

  5. テスト

    テスト記事です。...